【要確認】今日中に10万円を即日融資で借りるための5つの条件とは!?

  • 今日中に10万円、即日融資って可能なのかな?
  • 10万円あれば、一先ず家賃と光熱費の支払いに間に合うのに…
  • 今日中に10万借りれたら、来週の頭には返済できるんだけど…

 

100,000円

 

緊急の時でも、10万円あれば一先ず助かるって人、多いのではないでしょうか?

 

急な出費などによって、予想外の金欠状態に陥ることは誰でもありえます。

 

私は事故に遭ってしまい、保険が下りないってなった時に、入院代や差額ベッド代が必要になり、緊急で10万円をコンビニATMからキャッシングしたことがあります。

 

できれば、今日中に10万借りたい…

 

お金が足りない

 

誰だって、貯金が少なく余裕の無い生活をしていれば、予想外の出費に苦しめられることが起こりえます。

 

特にお金が足りない時のマネープレッシャーは、パワハラやセクハラにも負けないくらいの精神的ダメージを被ります。

 

いざお金が必要になったからと、「今日中に10万円の現金を借りよう!」と思っても簡単には借りられません。

 

即日で10万円を融資してもらおうと思えば、それなりの条件やコツ、事前の準備が必要なのです。

 

このページでは、即日融資ですぐに10万円を借りるために必要な5つの条件について解説しています。

 

5本指

 

もしもあなたが、緊急で10万円借りたい、もしくは今後のために10万円を即日融資してもらえる状態にしておきたい…。

 

焦って金策に走ってしまうと、最悪あぶない金融屋さんから借りてしまうリスクもあります。

 

背に腹は代えられないからと、そういった闇金に手を出してしまうと、長い借金生活がスタートしてしまう恐れがあります。

 

いざ10万円を即日融資してもらおうと思ったときに、スムーズに安全なところから借りれるようにしたい!

 

ATMキャッシング

 

もしあなたも同じ考えなら、今すぐこのページを読み進めて5つの条件を確認してください。

 

 

即日融資対応の業者を探す

 

まず最初の条件として、即日融資に対応している消費者金融を探してください。

 

すべての消費者金融が即日融資に対応しているとは限りません。

 

中には即日「審査」と書いてありますが、その日のうちに融資をしてくれるわけではないので注意が必要です。

 

「即日審査」と「即日融資」は、似て非なるものです。

 

審査をその日のうちにしてくれるだけで、融資は別の日になることがあります。

 

大手の消費者金融であれば即日融資サービスを実施しています。

 

おすすめなのは下記の三つの消費者金融です。

 

プロミス

  • 実質年率:年4.5〜17.8%
  • 限度額:1〜500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間
  • 収入証明書:不要

メールアドレス登録とプロミスHPでweb明細を選ぶだけで、初回の人には借り入れ翌日から「30日間の無利息キャンペーン」が適用されます。Webから申し込みは24時間365日受付中です!

 

SMBCモビット

  • 実質年率:年3.0〜18.0%
  • 限度額:1〜800万円
  • 審査時間:最短30分(※1)
  • 融資時間:当日融資(※2)
  • 収入証明書:不要
  • ※1:曜日や時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合あり
    ※2:曜日や時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合あり、審査に通過すれば原則24時間最短3分で振込が可能

郵送物なし、ウェブ完結申込だと電話連絡もなしにできるプライバシー保護が高いキャッシングサービスです。

 

アイフル

  • 実質年率:年3.0〜18.0%
  • 限度額:1〜800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間
  • 収入証明書:不要

1秒診断でまずはお試しが可能です。「最大無利息30日間」のサービスも初回の人には実施されています。

 

どの業者もCMで見たことがある消費者金融でしょう。

 

web完結キャッシングサービスを提供しているので、店舗に行って手続きをする必要がありません。

 

家にいながらパソコンやスマートフォンを使って10万円の融資の申込をし、振り込み手続きなどを行えます。

 

スマートフォンのアプリを活用して現金をコンビニのATMから引き出すことも可能です。

 

10万借りる場合の金利は?

キャッシングの金利(利息)は、以下の方程式で計算することができます。

利息=借入金額×利息÷365×ご利用日数

 

10万円を金利18%で30日間借りた場合

10万×0.18÷365×30日=1,479円

 

毎月の返済額について、金利18%で借りる場合は以下の通りです。

  • 3か月で返済:毎月34,338円(トータル利息:3,014円)
  • 6か月で返済:毎月17,552円(トータル利息:5,312円)
  • 12か月で返済:毎月9,167円(トータル利息:10,011円)

 

銀行カードローンでは即日融資が難しい理由とは?

銀行カードローンは審査内容が厳しいという側面もありますが、近年はある事情で即日融資が出来なくなりました。

 

その理由とは、2018年1月以降、反社会勢力の排除という目的のもと「警察庁データベースの照合」が義務付けられました。

 

警察庁データベースの照合には最短でも1日以上、場合によっては2週間程度の期間が必要となったため、事実上の即日融資は不可能となりました。

 

銀行カードローンは、総量規制の対象外であり、安定した収入を持たない専業主婦でも融資が可能だったため、一気に利用者が増加しました。

 

その反面、自己破産者が増加した一因だと判断されたため、銀行カードローンの規制がさらに厳しくなりました。

 

在籍確認が出来るかどうか

 

在籍確認が出来るかどうかも即日融資サービスを受けるための条件です。

 

今日中に10万円を借りたいと思って即日融資を申し込んでも、会社に在籍確認が取れなければ審査に通過できません。

 

在籍確認は、申込者が本当に会社に勤めているかをチェックするために必ず行われます。

 

夜の時間帯や祝日など会社に誰もいないときには、在籍確認が取れないことがあるので注意してください。

 

どうしても在籍確認をして欲しくない場合、SMBCモビットを利用することをおすすめします。

 

SMBCモビットは、在籍確認の代わりに「社会保険証」や「組合保険証」の提出で審査をしてくれます。

 

他の業者もどうしても在籍確認が出来ない際には、暫定的に健康保険証の提出で審査を進めてくれることがあります。

 

在籍確認の電話されると会社の人にバレるんじゃないの?

 

「会社に電話なんて入れられたら、同僚や上司にキャッシングしてること知られちゃうよ…」

 

そんな心配をしている人も多いと思いますが、実際には「ほぼほぼバレない」というのが実情です。

 

基本、キャッシング会社は利用者の情報を第三者に提供してはいけない義務を負っています。

 

そのため、キャッシング会社があなたの会社に在籍確認の電話を入れる際には以下のルールを厳守しています。

 

  • 個人名での入電
  • 用件を伝えない
  • 当人以外が電話に出ても在籍確認は完了

 

会社の受付の人が、あなたへの電話があったことを伝えてくるかもしれません。

 

その場合には、「営業か何かじゃないですか?」と軽く流しておくと良いでしょう。

 

しつこく聞いてこられた時には、「このあいだクレジットカードを作ったから、その審査の確認かもしれません」と答えれば良いでしょう。

 

クレジットカードの審査だという言い訳は、それ以上説明の必要がない「在籍確認における最高の言い訳」ですので覚えておくと良いでしょう。

 

土日祝日で電話での在籍確認が出来ない場合には?

 

会社によっては、土日祝日は休みで電話がつながらないケースもあるでしょう。

 

キャッシングの審査において、在籍確認は最後の段階で実施されます。

 

土日や祝日での新規の申し込みでも、在籍確認が実施されるのが一般的な流れになりますが、会社が休みで電話がつながらない場合には別の方法で対処してくれる場合があります。

 

その際に代替書類として提出を求められるのが以下の書類になります。

 

  • 給与明細…直近2か月分程度
  • 健康保険証…社名が記載された健康保険証
  • 社員証

 

場合によっては、休日明けの営業日の日に在籍確認をすることを約束することで、土日祝日でも10万円を即日融資してくれるケースもあります。

 

土日や祝日に限らず、在籍確認の電話を避けたいのであれば、ウェブで申込をした後にコールセンターに電話を入れます。

 

「今日中に10万円借りたいから、電話以外での在籍確認をお願いしたい」と伝える事で柔軟に対応してもらえることがあるので覚えておきましょう。

 

この辺の柔軟さは、個人の信用情報や申込の状況などによって異なりますので一概にはいえませんが、在籍確認の電話に心配があるという方は相談してみると良いでしょう。

 

個人事業主や自営業、フリーランスの人の在籍確認はどうなるの?

 

会社員ではない個人事業主、自営業、フリーランスの場合にも、同じように事業所や店舗に在籍確認の電話が入ります。

 

ただ、固定電話を引いていない個人事業主の方が最近では多くいるのが実情です。

 

その場合には、一応は携帯電話での在籍確認が行われることになりますが、それだけでは不十分ということで追加で書類提出を求められることが多くあります。

 

その際の書類としては、会社員であれば給与明細や源泉徴収票になるところを、個人事業主などの場合には「確定申告書」が求められるケースが多いです。

 

確定申告書であれば、個人名だったり屋号だったりが記載されていますし、実際に事業を営んでいる証明として確認がとれるからです。

 

自営業で家族とお店を営んでいる場合などには、お店に在籍確認の電話が入ることになります。

 

上記の会社員の場合と同様に、個人名での入電になりますし、余計な情報を聞き出したりはされませんので一先ずは安心です。

 

しかし、在籍確認の電話の時間帯をあなたが電話に出れる時間に指定するなど、対処しておくと安心してキャッシングが受けられるようになります。

 

奥さんなどが電話に出たとしても、「営業か何かじゃないか?」とスムーズに答えられるような心の準備をしておくと良いでしょう。

 

審査可能時間内の申込

 

審査可能な時間内に申込をすることも大切な条件です。

 

大抵どの大手消費者金融も、午前9時から午後21時まで申込の受付をしています。

 

これはあくまでも申込受付の時間帯であって、審査回答が完了する時間ではありません。

 

21時に申込を受け付けた場合、審査が完了するのは翌日になるということもあります。

 

即日融資を受けたいときには、21時までには審査が終わるようにしなければなりません。

 

あなたが今日中に10万円借りたいのであれば、1時間前の20時までには申込をするようにしておきましょう。

 

週末の金曜日や夏休みなどの休暇の時期は、即日融資の申込が殺到します。

 

混み合う時期は1時間あっても審査が終わらないことがあるので気をつけてください。

 

急ぎの時は申し込み後すぐにコールセンターに電話しよう

 

最短30分の審査で完了すると謳われている大手のキャッシング会社が多くありますが、実際は「1時間や2時間くらい必要だった」といった体験談も多く見られます。

 

そのため、10万円のお金を即日融資したいといった場合には、なるべくWEBで申込した後にコールセンターに電話を入れるようにすると良いでしょう。

 

その際に「今日中に10万円の即日融資を受けたい」ということを明確に伝えて下さい。

 

そうすることで、優先的に審査を開始して、即日融資のための手続きを進めてくれます。

 

10万円即日融資に向いている申込方法とは?

 

10万円即日融資の希望を果たす為には、出来るだけ無駄のない申込方法を選ぶことが求められます。

 

コツとしては、最初から電話で申込をするのではなく、まずはWEBで必要事項や提出書類などの手続きを終わらせておくことです。

 

一から電話で進める申込の方法は、時間と手間がかかり、今日中に10万円を必要とする即日融資希望者には時間的なロスが大きいからです。

 

申込に関してはWEB上で済ませて、その上でコールセンターに電話を入れて即日融資で10万借りたいと伝える事で契約完了まで最短で進める事が可能となります。

 

無人契約機での即日融資も可能ですが、以下のようなデメリットがあることを知っておきましょう。

 

  • 審査時間の間、契約機の中で待機しなければならない
  • 必要書類に不備があれば取りに帰るなどの手間が発生する
  • 無人契約機の出入りを人に見られる恐れがある

 

よって、もっとも即日融資に向いているスムーズな申込の流れは以下の通りとなります。

 

  1. WEBで審査申込をする
  2. コールセンターに電話をして即日融資を希望することを伝える
  3. 契約手続きをWEBで行う
  4. 振込もしくはATMで現金を引き出す

 

返済能力があるか

 

返済能力があるかどうかも10万円の即日融資を受ける上で欠かせない条件です。

 

どのように返済能力があるかを判断するかは、各消費者金融によって変わってきます。

 

一般的な判断基準は、「20歳から69歳で安定した収入があるかどうか」です。

 

主婦や学生でも成人しており、パートやアルバイトをしているなら安定した収入がある人と見なされます。

 

可能であれば同じ職場に数ヶ月以上働いている方が、審査に通る確率が高くなります。

 

ほとんどの消費者金融は2ヶ月以上同じ勤務場所で収入を得ている人を、安定した収入のある人と判断します。

 

定期的に職場が変わっている人は収入があっても、安定した収入がある人とは見なされないので気をつけてください。

 

ただし、勤務期間が2か月以内だからと無条件に審査に落とされるとは限りません。

 

あくまで審査は、そのキャッシング会社が持つ総合的な指標で判断されますので、仮に勤務日数が1週間だったとしても審査に通る可能性はあります。

 

他社から借入をたくさんしていると、返済能力が足りないと判断されます。

 

料金の支払いを滞納している人も審査に落ちる可能性が高いです。

 

複数社への審査申込は控えるべき理由とは?

 

キャッシングの審査は何社まで申込が大丈夫なのか?

 

この辺は明確な線引きがないうえに、キャッシング会社も独自の審査基準として公表していませんので正確な答えは分かりません。

 

ただし、一般的には2社までが大丈夫なラインではないかといわれています。

 

と言いますのも、キャッシング審査に申し込む際に、「1社目で落とされた際の保険として2社目にも申し込みを入れておく」という理屈は一般的に問題ないだろうと考えられるからです。

 

一説によれば、他社借入が3件や4件でも審査に通ったといった口コミもみられます。

 

少なくとも、キャッシング会社は信用情報機関のあなたの情報を照会することで、現在何社に対して申込申請や借入額があるのかといった個人情報を得る事が可能となっています。

 

ですので、10万円の即日融資を希望される場合に申し込みの段階で「虚偽」の申告をすると、速攻で審査落ちとなってしまいますので注意しましょう。

 

また、複数社で審査申込をする場合でも、申し込んだ期間が1か月未満など短期間かどうかも判断の基準とされているようです。

 

一説によれば、1か月以内に3社以上のキャッシング審査の申し込みを入れると「申し込みブラック」として審査落ちの対象となるそうです。

 

消費者金融に関しては、申し込みをする人の多くが銀行カードローンなどの利用者であり、すでに複数社に申込済みのケースが多いのが実情となっています。同業の消費者金融以外からの借り入れであれば、消費者金融での審査にはそれほど影響しないといわれています。

 

借入希望金額が高すぎないか

 

借入希望金額が高すぎないことも即日融資を受けるために重要なポイントです。

 

もし今日中に10万円が必要なら、希望金額を10万円にしてください。

 

少し多めの方が将来助かると考えて、50万円や100万円にしてしまうと審査に落ちる可能性が高くなります。

 

50万円以上の借入希望金額になった場合、「収入証明書」を提出する必要があります。

 

直近3ヶ月分の給与明細を用意したり、最新の源泉徴収票を準備したりしなければなりません。

 

それだけ申込手続きに時間がかかりますし、今日中に審査を終えることが厳しくなります。

 

今日中にスムーズに審査を通るためには、借入希望金額を少なめにすることを覚えておいて下さい。

 

他社借入件数や借入額が多いことは、キャッシング会社にバレる?

 

キャッシング会社は、個人の申し込みを審査する際に必ず「個人信用情報機関」での情報の照会を行います。

 

  • JICC「日本信用情報機構」
  • CIC「CREDIT INFORMATION CENTER」
  • JBA「全国銀行個人信用情報センター」

 

信用情報機関には、過去のキャッシング申し込み記録、借入残高、延滞や滞納の記録など、信用取引の履歴が保管されています。

 

そして、この保管された情報は金融機関の間で共有されています。

 

そのため、あなたがキャッシングの申し込みの際に「ウソの申告」をしてしまうと、すぐにバレてしまうことなります。

 

虚偽の申告がバレれば、問答無用で審査落ちとなってしまいます。

 

10万円の即日融資を希望するあまりに、自分のデメリットになりそうな情報を隠したいという心理が働いてしまいがちです。

 

借入額や件数だけでなく、勤務先の勤務期間だったり、年収だったり、こういった情報は虚偽申告が起きやすい項目でもあり、裏付け調査の体制が万全に整えられています。

 

早い話が、下手なウソをつくよりも、多少デメリットになるだろうと思われるご自身の情報でも正直に申告するほうが、結果近道だったりするのです。

 

10万円を即日融資で借りる為に必要となる書類とは?

 

キャッシングの審査においては、まず仮審査が行われ、その仮審査に通ると必要書類の提出が求められます。

 

基本的にキャッシング会社で10万円の即日融資を希望する場合は、本人確認書類のみで問題ありません。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

 

本人確認書類以外で証明書などが求めらるケースは以下の場合です。

 

  • 50万円以上の融資を希望する
  • 他社借入額と希望融資額の合計が100万円を超える
  • 外国籍の人が融資を希望する
  • 本人確認書類に顔写真がない

 

また、金融機関がその他の書類が必要だ判断した場合には、たとえ10万円を借りる場合でも提出が必要な場合があります。

 

本人確認書類に顔写真がない場合には、追加で以下のような書類の提出が求められます。

 

  • 住民票のコピー
  • 公共機関の支払い明細書
  • 税金関係の領収書

 

10万円の即日融資を希望する場合には、基本的に運転免許証があれば提出書類は完了となります。

 

注意点としては、免許証の住所と現住所が違う場合です。

 

その場合にも、顔写真がない場合と同様に別の書類の提出を求められます。

 

本人確認書類として、勘違いされるケースが多い書類の例として、以下のようなものが挙げられます。

 

  • スポーツジムの会員証
  • 病院の診察カード
  • 会社名刺
  • 資格保有者証明書

 

こういった書類にも氏名や住所が記載されていることがあり、これで本人確認書類としてこと足りるのではないかと勘違いされるケースが多くあります。

 

しかし、実際にキャッシング会社の審査で求められる資料としては認められていませんので注意しましょう。

 

10万円を借りる際に「保証人」を必要とされることはなく、基本的には免許証や保険証、マイナンバーカードなどの本人確認書類があれば審査を受けられます。

 

10万円借りる為に必要な年収とは?総量規制とは?

 

キャッシングの審査条件として、安定した収入があることが挙げられます。

 

この安定した収入の中でも、借入には年収の3分の1までという規制があるのをご存知でしょうか?

 

財務局や都道府県に登録されている業者を「貸金業者」と呼び、いわゆる闇金とは違う法律に則った金融サービスを行う業者として認められています。

 

この貸金業者には、貸金業法という法律が義務付けられており、その貸金業法の中に「総量規制」という決まりがあるのです。

 

総量規制とは、年収の3分の1を超える貸し付けをおこなってはいけないという決まりです。

 

仮にあなたの年収が300万円だったとすると、キャッシングで借りれる合計金額は1社でも複数社でも合計で100万円までとなります。

 

そのため、あなたが10万円を即日融資したいとする場合には、あなたの年収が30万以上あることが条件となります。

 

また、すでにA社から5万の借り入れがあったとする場合、新たに借入をするB社では5万円までしか借りる事ができません。

 

上記で触れた通り、借入総額については他社のものも含めて信用情報機関で情報が共有されています。

 

10万円即日融資のまとめ

 

即日融資で10万円を借りる為の条件について5つ解説してきました。

 

  1. 即日融資対応の業者を探す
  2. 在籍確認が出来るかどうか
  3. 審査可能時間内の申込
  4. 返済能力があるか
  5. 借入希望金額が高すぎないか

 

10万円を即日融資してもらいたいときには、大手の消費者金融を利用することをおすすめします。

 

もしもあなたが、10万円を即日融資で借りるのであれば、まずは大手のキャッシングサービスに審査を申し込みましょう。

 

WEBなら24時間365日審査の申し込みが可能ですし、即日融資が可能となる条件をクリアすれば、当日でもお金を調達することが可能です。

 

10万円の即日融資を希望される場合には、今すぐ以下をクリックして大手キャッシングサービスを確認してください。

 

今日中に10万円借りる